そごうの広告が素敵すぎる!何故炎鵬関なのか!?

そごうの広告が素敵すぎる!何故炎鵬関なのか!?

そごう・西武のお正月の広告が注目を集めているのをご存じでしょうか?
炎鵬関を起用している広告なのですが、広告の内容は11行にあたるメッセージ。
ネガティブな文章なのですが、下から逆に読み返すと正反対の意味になり、感動的な文章なんです。

どのような広告なのか、何故炎鵬関を起用したのかなどについてまとめてみました!

そごう・西部のお正月広告とは?

そごう・西部のお正月広告のメッセージは「さ、ひっくり返そう。」です。
元日の朝日新聞などに掲載された、そごう・西武の全面広告になりますが、
Youtubeでは動画版も公開されています。

初めて読むと・・・

大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

ひっくり返して読むと・・・

土俵際、もはや絶体絶命。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

今こそ自分を貫くときだ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

それでも人々は無責任に言うだろう。

どうせ奇跡なんて起こらない。

わたしは、その言葉を信じない。

大逆転は、起こりうる。

「さ、ひっくり返そう」のメッセージ通り、ひっくり返して読むと一気に内容が変わりますよね!

広告に込められた思いとは?

この広告に込められた思いについて、そごう・西武の広報担当者へのインタビュー記事がありました。

「私たちが目指す理想のライフスタイルです。生き方すべてにおいて、周囲からのさまざまな制約にとらわれてしまうのではなく、あなたらしくいてくださいというメッセージです」

「逆境にあっても前向きに生きる象徴的なお客さま像=『わたし』として、今回の広告の中の主人公としています。私たちは、そうした逆境に負けずに、自分らしさを追求するすべての方々を応援していきたいと考えています」

逆風下にあるといわれる百貨店業界で働く自分たちも、ひるむことなく前向きに新しい戦略をすすめていきたい。そんな思いも込めたそうです。

確かについつい周囲の”正解”を探して生きてしまっていることが多いですが、このようなメッセージをお正月からもらえると、
元気をもらえますよね!

それでも人々は無責任に言うだろう。

どうせ奇跡なんて起こらない。

わたしは、その言葉を信じない。

大逆転は、起こりうる。

この部分は特に個人的にも好きな言葉でありますが、大逆転を信じて2020年進んでいきたいですね!

このような素敵なメッセージのそごう・西部の広告ですが、何故炎鵬関を起用しているのでしょうか?

炎鵬関を起用した理由とは?

何故炎鵬関?という疑問もありますが、そもそも炎鵬関って誰?という疑問もあると思うので、
まずそもそも炎鵬関とは?についてまとめてみたいと思います。

そもそも炎鵬関とは?

炎鵬 晃(えんほう あきら) 本名を中村友哉さんという方で、現在幕内で最軽量の力士なんです。

<基本プロフィール>
所属部屋 宮城野
本名 中村 友哉
しこ名履歴 炎鵬
番付 前頭五枚目
生年月日 平成6年10月18日
出身地 石川県金沢市
身長 168.0cm
体重 99.0kg
得意技 左四つ・下手投げ

また、田中みな実さんが好きということで、テレビ番組でも紹介されていました。

炎鵬関起用の理由は?

炎鵬関を起用した理由についての広報担当者のインタビューもありました。

「現在、幕内で最軽量の力士でいらっしゃいます。ご自身いわく、小兵であることをハンデと思わず、むしろ強みとしてポジティブにとらえ、大活躍していらっしゃいます。その姿が、今回のコピーの内容にぴったりだという点から、出演をお願いすることになりました」

「ご覧になられた多くの方に共感していただき、まことにありがたく思います。手法のユニークさもそうですが、逆境も視点を変えると違った様相に見えるという点に共感していただけたならば、私どもとしても大変嬉しいです」

 

まとめ

今回はそごう西武の正月広告についてまとめてみました。

メッセージとしては「さ、ひっくり返そう。」
百貨店業界も厳しい中で戦っていく姿を小柄な力士である炎鵬関とかけることで、
メッセージを出しています。
知れば知るほど素敵な広告だなと思いますね!
今後のそごう西武の広告も楽しみになってしまいます。
ということで、今回はここまで。
是非これらを知ったうえでもう一度広告をご覧いただければと思います!
お読みいただきありがとうございます。