春一番2020年はいつ吹くの?春二番や三番ってあるの?

春一番2020年はいつ吹くの?春二番や三番ってあるの?

「春一番」という言葉を聞くともうすぐ春だなと思いますよね。
ところで、春一番は春の訪れを知らせてくれる風といわれていますが、どういう風が春一番なのか、
いつ吹く風なのかなどは知らないことが多いのでしょうか?

また、春一番というからには、二番や三番などもあるのかもしれないですよね。
ということで、今回は春一番とは何か?いつ吹くのか?二番や三番もあるのか?についてまとめていきます。

春一番とは?いつ吹くのか?

春一番は、厳しい寒さが落ち着く頃にニュースでよく聞く言葉でもありますが、一般的には草木が芽吹く頃に吹くと言われています。
毎年2月末~3月頭くらいにニュースでよく耳にする気がしますが、詳しく調べてみます。

春一番とは何?

春一番とは、季節が冬から春に変わる時期に吹く最初の強い南風のことです。
しかし、それだけではなく、いくつかの条件があります。

<春一番とは?>

  1. 立春(2月4日頃)~春分の日(3月21日頃)の間に吹く強い南風
  2. 最大風速が8メートル以上
  3. 最高気温が前日より高いこと
  4. 以上の条件を満たすその年最初の風

 

▶こちらの記事もチェック!
春分の日2020年はいつ?意味や食べ物など詳しく解説

春一番は地域によって吹かないこともある?

春一番の条件などについて見ていきましたが、日本全国で同じ風が吹くことがないため、
基本的には「●●地域の春一番」というように地域ごとに春一番が存在することになります。

しかし、南風であることから、日本海から遠い沖縄、シベリアの高気圧の影響を受ける東北や北海道、
地形的に海からの風が届きにくい山梨県や長野県では、春一番は吹かないのだそうです。

春二番、三番はあるのか?

「春一番」という言葉はよく耳にしますが、二番や三番もあるのでしょうか?

調べてみたところ、春一番が春の訪れを告げる風なのに対し、
春二番は春の中頃、春三番は桜が散る頃春の終わりに吹くと言われています。

条件は基本的に春一番と同じです。

そもそも何故「春一番」というのか?

この春一番ですが、そもそも何故「春一番」と言うのでしょうか?由来について調べてみました。

その昔、長崎県の漁船が春一番の強風によって沈没し、たくさんの漁師が亡くなったことが名前の由来となっています。
そろそろ暖かくなったからと漁に出たのに、突然の強風で多くの船が沈没したというこの出来事から、
漁師たちは春先の強い風を「春一」と呼び注意するようになったのだとか。その「春一」が、春一番として広まったのです。

実際に現在でも、春一番が吹く時期になると気候が不安定になるため、海難事故が多発します。
春一番がニュースでよく聞くのは、季節の移り変わりを示すだけではなく、注意喚起の意味も込められているんですね!

「春一番の塔」というものもある!?

実は長崎の壱岐に、「春一番の塔」というものも存在します。

1859年(安政6年)に、この強い風を受けた影響で、大勢の地元漁師が遭難しました。
そのことがあり、海と共生する壱岐の人々に自然の怖さを忘れないようにとの思いを込めて昭和62年、郷ノ浦港入口の元居公園に船の形をした「春一番の塔」が建てられました。近くには遭難者の慰霊碑も建てられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

始めて実物見たちゅーん!🐟 #春一番の塔 #壱岐 #春一番 #イマソラ

壱岐砂浜図鑑 壱岐島🎈🐟ちゅんベイベー(@ikibeach)がシェアした投稿 –

春一番の塔のアクセスは?

長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦403番地

まとめ

これまで春一番についてまとめてきましたが、
北海道や東北の北日本と沖縄では春一番は吹かないとのことでした。

また、春一番には条件があり、最大風速が8メートル以上、前日よりも最高気温が高い日であること
などによって春一番かどうかが決まります。

さらには、春一番の名前の由来はもともとは漁師の方々の注意喚起だったようですね。

今年は春一番のニュースにも注目していきたいですね!

 

【関東版】2020年春一番はいつ?地方毎にまとめてみた!