卒業式第二ボタンの意味や由来は?第一ボタン、第三ボタンにも意味があるって知ってた?

卒業式第二ボタンの意味や由来は?第一ボタン、第三ボタンにも意味があるって知ってた?

3月といえば、別れの季節ですよね。
学生の皆様にとっては卒業式という一大イベントが待っています。

卒業式といえば、第二ボタンをもらいたい、第二ボタンをあげる
などといった甘酸っぱい思い出のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところで、なんで「第二」ボタンなのか知っていますか?
その他にも第一ボタンや第三ボタンにも意味があるんですが、
今回は第二ボタンの意味や由来、第一ボタン、第三ボタンの意味についても
まとめていきます!

第二ボタンの意味と由来とは?

第二ボタンは学ラン(詰襟の制服)の上から二番目のボタンのことを
指します。

基本的には学ランにはボタンは5つあるのですが、
上から順番に第一ボタン、第二ボタン、第三ボタン、第四ボタン、第五ボタンと
呼ばれています。

卒業式で第二ボタンをあげる意味とは?

第二ボタンは心臓に最も近い位置にあることから、
「心(ハート)をあげる」という意味があり、
第二ボタン自体にも「一番大切な人」という意味があります。

そこから好きな人に対して、第二ボタンをあげるという行為に
つながっているのです。

では、なぜそのような行為が生まれるようになったのでしょうか?
由来について調べてみました!

卒業式で第二ボタンをあげる由来とは?

卒業式で第二ボタンをあげる行為が生まれた由来は諸説ありますが、
濃厚な説はこちらになります。

★映画が由来であるという説

この説が個人的には非常に濃厚だと思っておりますが、
1960年(昭和35年)公開の映画「予科錬物語 紺碧の空遠く」で
特攻隊として戦争に行く男性が、愛する女性との別れの際に、
軍服の第二ボタンを女性に渡すというシーンがあったとのことです。

もともと学ランも軍服をまねて作られているものでもあるので、
そこから別れの時に大切な人に第二ボタンを送る習慣になったのではないか
といわれています。

他にも、

★心臓(ハート)をつかむが由来という説

第二ボタンは心臓に一番近い場所にあるため、
「大切な人の一番大切なもの」「心(ハート)をつかむ」という意味から送る、もらうようになった。

という説もありましたが、このあたりも映画から出てきた説が濃厚ではないでしょうか。

現在でも第二ボタンは送りあっているのか?

ところで、今現在でも第二ボタンは送りあっているのでしょうか?
私はブレザーの高校出身だったので、まったく縁がなかったですが、
実際どうなのかSNSでの声を拾ってみました。

今でも全然第二ボタンをあげる・もらうというのは続いているようですね!
非常に素敵な文化ですよね!

ブレザーの高校生は第二ボタンではなく、何をあげる?

でも、ブレザーの高校も最近増えてますよね。
第二ボタンをあげるってことも少なくなってますが、何をあげるのかというと、
ネクタイらしいです!

 

確かに毎日つけているものですし、心臓にも近いという第二ボタンの意味とも近かったりしますね。
非常に面白い文化だなと思います!

では、第二ボタンだけでなく、その他のボタンの意味はどのようなものがあるのでしょうか?

第一ボタン、第三ボタン、第四ボタン、第五ボタンの意味とは?

第二ボタンには「一番大切な人」という意味があるとお伝えしましたが、
その他のボタンにもそれぞれ意味があります。

第一ボタン「自分」

第二ボタン「一番大切な人」

第三ボタン「友人」

第四ボタン「家族」

第五ボタン「他人」

このような意味もあるので、
相手によってどのボタンを渡すのかを考えるのも楽しいかもしれないですね!

まとめ

今回は卒業式シーズン間近ということで、第二ボタンの意味や由来、その他ボタンの意味についてもまとめました。
もう一度おさらいしてみましょう!

第二ボタンは「一番大切な人」という意味があり、
昭和の映画「予科錬物語 紺碧の空遠く」で第二ボタンを渡す恋人の姿から
第二ボタンを渡す習慣が生まれたとされています。また、第一ボタン「自分」第三ボタン「友人」第四ボタン「家族」第五ボタン「他人」という意味があり、
最近のブレザーの高校ではネクタイや名札などを渡すように変化しています!

ということで、ロマンティックな文化がここまで強く根付いているのは素敵ですよね。
2020年はコロナウイルスの影響などもあり、卒業式がどうなることかわかりませんが、
参考になればうれしいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。