五節句って何でいつ?意味や由来まで徹底解説!

五節句って何でいつ?意味や由来まで徹底解説!

3月3日のひな祭りを桃の節句、
5月5日のこどもの日を端午の節句というのを
ご存じでしょうか?

この2つ以外にも、日本には1年間に5つ節句があり、
それらを総称して五節句(ごせっく)といいます。

今回は五節句とは何か?五節句の意味や由来についてまとめていきます!

 

五節句とは何?

五節句とは、元々は中国で奇数が縁起がいいとされていることから始まっています。

奇数月と奇数日は陽と陽が重なり、逆に陰になってしまうという考えの基、
厄除けを兼ねて邪気を払い、生命力を高めるために、
旬の食べ物を食べるという習慣が中国ではありました。

その考え方に日本の宮中行事を合わせ、
江戸時代に江戸幕府によって公式な行事の日程として
設定されたのが五節句になります。

五節句はいつなのか?

五節句という名前なので、5つの節句があります。
それぞれいつなのかまとめていきます。

人日(じんじつ)の節句

1月7日がこの日にあたります。

別名「七草の節句」と言われており、
七草粥を食べて1年の豊作豊作と、無病息災を願う日です。

上巳(じょうし)の節句

3月3日がこの日にあたります。

別名「桃の節句」と言われており、
おひな祭りを行い、女の子の誕生と成長を祝う日です。

端午(たんご)の節句

5月5日がこの日にあたります。

別名「菖蒲(しょうぶ)の節句」と言われており、
こどもの日にあたり、男の子の誕生と成長を祝う日です。

七夕(しちせき)の節句

7月7日がこの日にあたります。

七夕(たなばた)と呼ばれることも多いですが、
節句ではしちせきと読みます。

別名「笹の節句」と言われており、
短冊に願いをこめて笹に飾ると願いが叶うと言われています。

重陽(ちょうよう)の節句

9月9日がこの日にあたります。

別名「菊の節句」と言われており、
上の4つと比べるとあまり一般家庭でなじみがないですが、
宮中や寺院で菊を観賞する行事をする日になっています。

 

五節句の意味や由来は?

五節句はすごく特徴的な名前がつけられていますが、
その意味や由来は何なのでしょうか?

人日の節句(1月7日)の意味や由来は?

この節句は中国の占いが発祥です。

1月1日:鶏を占う
1月2日:犬を占う
1月3日:羊を占う
1月4日:猪(もしくは豚)を占う
1月5日:牛を占う
1月6日:馬を占う
1月7日:人を占う

ということで、それぞれの日に当たっている動物は、
その日だけは殺さないようにしようという習慣がありました。

そこから1月7日は人日の節句とされ、
人を大切にしようという習慣になったのがきっかけです。

上巳の節句(3月3日)の意味や由来は?

ひな祭りとしても有名な3月3日の上巳の節句ですが、
上巳というのは最初の巳(み)の日のことを指します。

上巳というのは縁起の良くない日とされていたため、
昔には中国で厄除けや禊などを行う日とされていました。

そこから厄除けとして人形を使ってたことから
現在ではひな人形を飾るひな祭りになってきたと言われています。

ひな祭りに関する記事はこちらをご覧ください!

端午の節句(5月5日)の意味や由来は?

5月5日というと子供の日としてご存じだと思いますが、
由来としては、中国で5月というのが疫病が流行する時期だったことから
「5」というのは奇数の中でも縁起の悪い数字とされていました。

その数字が重なる5月5日というのは最悪の日とされており、
厄除けのために菖蒲やよもぎを食べたりしていました。
なので、菖蒲の節句とも呼ばれることもあります。

この菖蒲の節句の菖蒲と、武道を重んじるという意味のある尚武という
言葉がかけられ、武道を磨くためにということで縁起のいい日として、
日本に広まっていったと言われています。

そこから武道を極めるのは昔は男の子であったことから、
5月5日は男の子の誕生と成長を祝う日として、
現在では「こどもの日」として国民の休日にまでなっているということです。

七夕の節句(7月7日)の意味や由来は?

お聞きになられたことがあると思いますが、
織り姫と彦星が唯一会える日という七夕。

織り姫を指すこと座のベガは裁縫にまつわる星、
彦星を指すわし座のアルタイルは農業にまつわる星として
考えられていたことから、
裁縫が上達し、豊作を祈るという意味を持って、
七夕が始まったとされています。

本来は「しちせき」と呼ばれていたのですが、
裁縫の「棚機(たなばた)」という言葉がかけられ、
「たなばた」と読まれるようになったと考えられています。

重陽の節句(9月9日)の意味や由来は?

あまり知られていないこの節句ですが、
9月といえば農作物の収穫の時期ですよね。

また、菊は長寿を指す花として有名なのですが、
旧暦の9月は菊の旬な時期であったことから、
不老長寿や繁栄を願う行事として広まったと言われています。

 

まとめ

五節句についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

今では段々このような日本文化も衰退してきていますが、
本来の意味や由来を知った上で子供たちにも説明出来ると
非常にいいですよね!!

ご参考になれば幸いです。
お読みいただきありがとうございました。